婚約指輪は高い買い物!失敗しないコツや基本的な情報などをご紹介します

このサイトは婚約指輪は高い買い物であるため、事前に知っておきたい失敗しないコツや基本的な情報などをご紹介しています。
これからエンゲージリングを購入することを検討しているのなら、参考になるでしょう。
サプライズで指輪をプレゼントするならサイズは覚えておくことが大切です。
またエンゲージリングを選ぶときにはフィット感を確かめるのが大事になります。
選ぶのが難しい場合でも、このサイトをチェックすれば安心して選べる可能性があります。

婚約指輪は高い買い物!失敗しないコツや基本的な情報などをご紹介します

婚約指輪を購入したいけれど、安いものではないため失敗しないコツを知りたいという人は多いのではないでしょうか。
婚約指輪で失敗しないためには、贈る相手の好みや指のサイズに合ったものを選ぶことが大切です。
実際に二人でお店に行って選ぶのがベストですが、サプライズで渡したい場合には好みや指のサイズを把握しておく必要があります。
店によってはサプライズ用の指輪を貸し出していることもあり、そういったサービスを利用するのも1つの方法です。

大人なら婚約指輪の正しい着け方は覚えておきたい

婚約指輪は左手薬指につけるのが一般的です。
ですが様々な理由から薬指につけることが難しい場合もあり、どの指につけたらよいのか悩むこともあります。
大人なら婚約指輪の正しい着け方を身につけたいですが、基本的に婚約指輪は左手です。
これは古代ギリシアの時代の考え方によるものであり、左手薬指と心臓とが太い血管でつながっていると考えられていたからです。
この部分に指輪を通すことにより永遠の愛を誓うことになり、その風習が現代でも残っている形となっています。
そのため必ずしも左手でなくてはならないという気まりはありません。
特に結婚式の後は右手でも良いですし、薬指以外の場所でも大丈夫です。
さらにはチェーンに通してネックレスのようにして持ち歩く人もいます。
なお左手の指には意味があり、親指は目標達成、人差し指は行動力を高める、中指は協調性と判断力を高めるといった意味があります。
小指には薬指と同じように恋愛成就といった意味があるため、小指につけても良いでしょう。

婚約指輪のサイズ直しにかかる期間はブランドによって違う

婚約指輪はプロポーズの時に男性が女性にプレゼントをする重要な指輪という事で通っていますが、その時に失敗しがちなのがサイズ違いです。
勿論サイズの確認は何かしらの方法で行っている男性が多いですし、女性から直接サイズを聞き出したり、指輪をわからないように借りてお店に持っていって婚約指輪を購入するケースもあるでしょう。
場合によってはそれでも合わないことがありますし、指輪によってつけ感というのもかわってくるためです。
フルエタニティータイプですとサイズ直しが出来ないケースが多いですが、シンプルな指輪であればサイズはなおしてもらうことが出来ることが多いです。
しかしそのサイズ直しにかかる日数というのはそれぞれのブランドで異なりますので、事前に確認をしておきましょう。
大事な時に使いたいというところでサイズが合わないとなれば、その時に間に合うようになおしてもらうことが出来なくなってしまうことも有りますので要確認です。

婚約指輪を日常的に着けるならシンプルなデザインが良い

婚約指輪は、一般的に言えば結婚指輪よりも華やかなデザインのものが多く、日常的に身に着けることを前提としている結婚指輪とは異なって、特別なシーンだけしか使えないと思っている人もいるかもしれません。
ですが、確かにこの考え方はよくあるものではありますが、何かで決まっているわけではありません。
婚約指輪を日常的に身に着けてはいけないとか、何か縁起が悪いというようなものでは一切ないということです。
しかし常識的に考えてあまりにも華やかなで豪華な指輪を毎日付けているのも違和感があります。
出会った人全てが不思議に思ってしまうかもしれませんし、何かの拍子に硬いものにぶつけたりして破損させたりしてしまう可能性も高まります。
このようなことを考えれば、もし日常使いを前提に考えている場合には、ある程度はシンプルなデザインのものにするとよいでしょう。
実際、最近ではそれを前提としている婚約指輪のデザインも増えてきています。

婚約指輪を綺麗に保つためには傷や汚れから守る必要がある

婚約指輪は宝石がついていたり特徴的なデザインであったりします。
そのため見えない汚れがついてしまうことが多く、いつの間にかくすんだ色味になることもあります。
いつまでも婚約指輪を綺麗な状態で保つには、定期的にメンテナンスをするほか日々の手入れが必要になります。
婚約指輪に使用されている素材はプラチナもしくはゴールドのことが多いです。
比較的強い金属のためある程度の手入れは自分で行うことができ、簡単な汚れは研磨剤が含まれていないクロスでそっとぬぐいます。
ある程度目立つようになって来たらコップの中に水を入れ、キッチン用洗剤を1滴垂らした中に指輪を漬け込みます。
しばらくすると汚れが浮いてくるので、水分をぬぐい優しくふき取るようにします。
このような手入れをしておくと付きにくくなりますが、放置してしまうとなかなかとることができません。
婚約指輪は汚れや傷がつきにくい加工がされていますが、できるだけ日々の手入れを行うようにします。

著者:内山直治

筆者プロフィール

香川県丸亀市生まれ。
10年付き合った彼女に今年プロポーズ!自分の体験を元に、婚約指輪について記事を書きました。
香川で婚約指輪を探す